Wonderful Present

新築内祝いの贈り物に悩んだならカタログギフトがオススメ!

新築の挨拶に役立つ贈り物

喜ばれる品が基本

プレゼント

新築内祝いの品として人気があるのは、大体が贈る相手を選ばない品々です。食品やカタログギフトなどが、近年の人気商品であり、無難な選択がされているが見て取れます。新築内祝いは、知人レベルの知り合いにも贈ることがありますので、実用的な品物は顰蹙を買わないための選択とも言えます。カタログギフトは、贈られた側が自由に品物を選べる、少し特殊なシステムです。予算に合わせて食器やリネン類、食品の詰め合わせなどが選べる仕組みで、最近の新築内祝いでも度々活用されます。有名店のスイーツやドリンク、加工食品などは、新築内祝いでも定番と化している品々であり、様々な家族構成の家庭で喜ばれます。タオルやキッチン用品などの生活雑貨も、新築内祝いとして多い選択です。マイホームを購入する世代の方は、お互いにこういった新築内祝いを贈り合うケースがあります。タオルを始めとするリネン類は、新生活を始めるに当たって、ほとんどの家庭で必要になる生活雑貨です。日常的なシーンで役立つ品を贈り、感謝の気持ちを示すのも新築内祝いのスタイルの1つです。新築内祝いは、比較的若い世代の間でも頻繁に行われているやり取りです。ですので、人気ランキングにも、現在のトレンドを押さえた商品が並びます。有名店のスイーツなどは、売れ筋商品の1つに数えられます。お洒落な印象を与えられる商品に人気が集まり、流行を意識して新築内祝いを選ぶスタイルが定着しています。

内祝いの品とお返し

一軒家

家を建てるというのは一生に一番大きな出来事です。身近な親類や友人たちを招いてパーティーを開いて新築内祝いをするのが一般的です。新築内祝いをする時期は家が建ってから2ヶ月ぐらいが一番適しています。あまり早いと家の中が片付いていませんし、遅いと新築ではなくなってしまいます。新築内祝いは自宅のお披露目が目的なので、夜よりも昼間にご招待するのがよいとされています。自宅とその周囲がよくわかるように、明るいうちに招くのです。新築内祝いに招待された場合は、内祝いのプレゼントを持参するのがマナーとなっています。心のこもった品なら何でも良いのですが、一般的には茶器や食器など長く使ってもらえるものを選ぶ人が多いようです。またたくさんもらっても困らない商品なども喜ばれます。例えば洗剤や石鹸やタオルなどです。最近人気なのがカタログギフトです。好きな物をあとから選ぶことができるので好評です。基本的に内祝いのお返しはなくてもよいことになっています。家に招待してご馳走するのですから、それで充分なのです。ただし特別に高価な内祝いをいただいた時には、お祝いの3分の1程度のお返しをする必要があります。またパーティーに来られなかったから方からお祝いが届くことがありますが、この時は3分の1程度のお返しを贈るのが常識です。わざわざ新築内祝いに来てくれた方への心づくしとして、お菓子の詰め合わせやタオルセットなどをお渡しする場合もあります。

通販で手軽に品物選び

ファミリー

結婚・出産・病気の全快など、人生においておめでたいことがあった時は周囲の人々からお祝いをもらうことがあります。その際、お礼の気持ちとしてお返しをすることを内祝いといいます。内祝いは上に掲げたような場合のほか、マイホームを新しく建てた時のお祝いに対して行うこともあります。これを新築内祝いといいます。人生に何度もあることではないので、新築祝いをいただいた時は礼を欠くことなくきちんとお返しをする必要があります。新築内祝いの品物は、いただいたお祝いの金額や相手の家族構成などに合わせて決めるようにします。予算については、いただいたお祝いの半額〜3分の1をおおよその目安とします。また、相手方の年齢や地位、人数、小さな子供や高齢者がいる家庭かどうかといった点に気を配り、それぞれの相手にふさわしい品物を選びます。最近ではギフト品を専門に扱っている通販サイトも増え、自宅にいながらにして新築内祝いをはじめとする各種贈答品を探せるようになっています。そうしたサイトの中には価格帯別にアイテムを検索できるところも多く、予算に応じて品物を簡単に探し出すことができます。さらに、サイトによっては「新築内祝い好適品」「出産祝い好適品」といった具合に、目的別にカテゴリーを設けて品物を探せるようになっています。こうした機能を活用すれば、効率的な品物選びが可能になります。また、こうしたサイトはいただいたお祝い品がいくらぐらいするのかを調べるのにも利用できます。つまり、金額調べ→予算の決定→品物選びをまとめて済ますことができるわけです。