Wonderful Present

新築内祝いの贈り物に悩んだならカタログギフトがオススメ!

家を建てた時のしきたり

新居を披露しご報告

レディ

新居を建てた時に必要になってくるのが、新築内祝いの準備です。地方によってこのような新築内祝いは、独特のスタイルで行われます。地域で行われているやり方が難しい時でも、新築内祝いの基本的なルールから外れなければ、ある程度自分流にアレンジは可能です。新築内祝いは、他のお祝いよりも臨機応変にスタイルを選べます。予め日取りを決めておき、親族やお祝いをもらった方を自宅でおもてなしするのも、立派な内祝いになります。今では、様々なギフトセットを利用して内祝いが行われていますが、以前はこのようなお招きスタイルで内祝いをするのが習慣でした。多忙な方が増えている現在では、簡単な品物のやり取りで新築内祝いを済ます方も多く存在します。お祝いを頂いた方に感謝を示し、無事に施工が完了したことの報告をするのが、新築内祝いの1つの目的です。自分の家の吉事を分かち合うという意味合いもあり、新築内祝いの目的は奥が深いと言えます。場合によってはお祝いの有無にかかわらず、贈る場合があるのが新築内祝いです。返礼品とは少しニュアンスが変わってきますので、家を建てた時には、本来の意味を踏まえて行動するのがおすすめです。自分で自分の家の慶び事を祝うといった意味も、新築内祝いには含まれています。従って、お披露目を目的とする各種披露パーティとも新築内祝いは共通点があります。晴れやかな気分を皆と共有するのも、この内祝いの大切な目的です。

喜ばれるギフトとは

風呂敷

新居を建てるととても気分がよいものです。ピカピカの自分のお城でこれから始まる生活を思うとそれだけで楽しくなることでしょう。そんなときに気のきいた新築のお祝いの品を頂くととても嬉しいものです。ではお祝いをくれた方にその気持ちをどうお伝えすればいいでしょうか。本来なら新居にお招きして新居をよく見て頂いた上で、お食事などのおもてなしをすべきですが、煩雑な引っ越しなどでなかなかその時間がとれないこともあります。また、遠方の方だとお招きすることができないこともあります。その場合は新築内祝いをお送りするとよいでしょう。新築内祝いは引っ越してから1カ月か2カ月くらいでお送りするものですが、どのようなものをお送りするかが問題です。できることなら相手に喜んで頂けるものがいですね。もし相手の好きなものがわかっているのなら、それを新築内祝いとして贈ることが望ましいです。たとえばお酒の好きな方には日本酒やワイン、ビールなどを、スイーツが好きな方にはおしゃれなスイーツを贈れば喜ばれることでしょう。小さなお子様がいらっしゃるならお子様の好きそうなお菓子やジュースなどご家庭の状況に合わせたものも素敵です。しかしそのような情報がない場合は、選べるギフトを贈ると間違いがありません。お好みのものを選んで頂けるのでご満足いただけることででしょう。もしくは洗剤などの消耗品や使いやすいタオルなどは新築内祝いの定番として人気があります。

マナーに注意しましょう

家

家を建てた際に自宅にお招きしておもてなしをするのが新築内祝いです。おもてなしが御礼となるので本来はあらためて新築内祝いを贈る必要はありません。しかし祝いの品をいただいた場合はあらためて新築内祝いを贈るのがマナーです。新築内祝いに品物を贈る際にはマナーがあるので事前に確認しておきましょう。まず新築内祝いはいただいたお祝いの半額程度が目安となります。しかし高価なものや珍しいものをいただいた際は、金額にこだわらずフレキシブルに新築内祝いの内容をアレンジするようにしましょう。新築内祝いを贈るタイミングはお祝いをいただいてから1ヶ月前後を目安とし、遅くなる場合でも2ヶ月以内には相手方に届くように準備します。またお祝いが自宅に届いたときはすぐに連絡して感謝の意を伝えるのはもちろんのこと、新築内祝いの品にもメッセージカードを添えてあらためて謝意を伝えます。新築内祝いに熨斗を使用する場合は蝶結びの水引を使用します。水引の下には夫婦連名で署名するようにする方がスマートです。新築内祝いに何を贈るか迷った際はコーヒーセットなどがおすすめです。コーヒーセットなら日持ちがするのでいつでも好きなタイミングで使えるほか、相手の方がお客様を呼ぶ際にも使ってもらうことができます。またタオルセットなども世代を問わずに喜んでもらえる品物です。日常で使うタオルよりもワンランク上のものを贈れば、お客様用のタオルとしても使うことができるのでとても喜んでもらえます。