Wonderful Present

新築内祝いの贈り物に悩んだならカタログギフトがオススメ!

お祝いに喜ばれる品

一般的なお祝いの品とは

模型を持つ人

念願のマイホームを手に入れると周りからお祝いを贈られることもあります。お礼の気持ちを込めた新築内祝いに悩んだこともあるでしょう。そこで新築内祝いに向いている品にも様々なものが挙げられます。まず一般的なのが食品です。お菓子に始まり、普段食べないような高級肉や缶詰、瓶詰めの詰め合わせ辺りが無難でしょう。ただ、食品というのは人の好き嫌いに大きく影響してきますし、何が好きなのかわからない方に送るのは難易度が高いかもしれません。次に挙がるのが飲料物です。少し高めの100%ジュースの詰め合わせ、日本酒や焼酎のギフトもあります。ただ、これら食品系を選ぶ際に注意しなければなりません。お菓子を全く食べない家庭もありますし、缶詰に使われている甲殻類がアレルギーに反応する可能性もあることだけ頭に入れておきましょう。食品系でないとなると新築内祝いの定番、タオル詰め合わせが無難なところでしょうか。でもタオルだけだとイマイチだなとお考えの方にはカタログギフトの選択肢もありです。最近では結婚式でも引き出物にカタログギフトが使われることが増えてきています。贈る側も気を遣わなくていいですし、受け取った側も自分が好きなものを頼めるので選択肢の一つにいれても良いでしょう。でも本1冊だとちょっとという方には、プラスでタオルギフト等の少し費用のかからないものをチョイスするのも有りです。タオルは生活する上で使うものですし貰って嬉しいものです。選ぶのが難しい新築内祝い、今は選択肢がたくさんありますので良いものに巡り会えるでしょう。

お礼品の種類と価格

贈り物

新築住宅を購入した際に身内や知人・友人から新築のお祝いを頂いた場合は、新築内祝いのお返しをするのが一般的なマナーです。新築祝いは、入居の1〜2カ月後の明るい時間帯に自宅に招待し、料理や飲み物を振る舞います。料理は、簡単に食べられて食べやすいものを選び、新築祝いの感謝の気持ちを伝えます。この食事会だけで新築祝いのお返しは終わり特別なことをする必要はありません。しかし、食事会に来られない方や高額の新築祝いを頂いた方には、品物でお礼をする必要があります。品物で新築内祝いのお返しをする時の予算は、新築祝いの半額ほどか三分の一ぐらいにします。新築内祝いの品は、器、日持ちがする銘菓、タオルセット、カタログギフトなどが多くなっています。器はものを包み込んで入れることから家をイメージするため、縁起が良いものとして選ばれています。器の種類は漆器類やブランドの食器類で日常で使えるものに人気があります。タオルセットは、日常で役立つもので誰からでも喜ばれる品です。カタログギフトは、自由に品物を選べるので内祝いの品として最適です。これらの新築祝いの品にかけるのしには、上段に内祝いや新築内祝いと書き、下段には、世帯主の氏名を入れます。そして、紅白七本の蝶結びか金銀の蝶結びの水引を選びます。遠方にいてなかなか会えない方には、宅配便などを利用します。その際には、メッセージカードやお礼状を添えておくようにしましょう。

記念になる品を選ぶ

男女

新築祝いをもらった場合には新築内祝いをお返しする必要があります。新しい住宅に招待した際に新築祝いをもらった場合には食事を提供して記念品を渡せば、新築内祝いに代えることが可能です。新しい住宅に招待しない場合には新築内祝いを贈る必要があります。新築内祝いの金額的な目途としては他のお祝いのお返しと同様、いただいた金額の半額程度で考えれば十分です。また、新築祝いは新しい住宅に相応しい品物が贈られるケースが多く、贈られた人が新しい住宅で生活する際に贈ってもらった人のことを思い出してもらえるというメリットがあります。さらに、新築内祝いも後々残るものを選択するケースが多くなっています。日本では一家族が家を建てることは一生に何度もあることではありませんので、それだけ大事なことと位置付けられることになるわけですので、選ぶほうも慎重に選ぶ必要があります。新築内祝いとして家庭で使用できる品物を選択すれば家と繋がって記憶に残ることになります。しかしながら最近は折角の新築内祝いの贈り物でも相手に気に入ってもらえないことに配慮して、金額を限定してカタログを送って自分で選択してもらうケースも増加しています。カタログギフトには、様々な品物が掲載されており、その中から好きな商品が選ばれるため、その人がほしい品物を贈ることができるのです。なので、現在では多くの人に人気となっています。どのようなものを贈ったらよいか迷った場合は活用してみるとよいでしょう。