Wonderful Present

新築内祝いの贈り物に悩んだならカタログギフトがオススメ!

新築祝とお返しのマナー

お返し時の注意点

風呂敷

新築住宅やマンションなどを購入した場合、新築祝をもらうケースがある。親戚や友達など身近な人から新築祝をもらうことが多く、新築内祝いとしてお返しをしなければならないこともある。これらの新築内祝いを贈る際には、ポイントとなることがある。新築祝に関しては、新居に呼びお祝い会を開いた場合、その出席者については基本的に新築内祝いを贈る必要が無いということがある。新築祝では、お祝い会を行うことでお返しと考えられることが多く、お祝い会に来てもらった場合には新築内祝いを準備する必要が無い。但し、お祝い会に出席できなかった人や、お祝い会を開かなかった場合には新築内祝いを贈ることがマナーになる。また、お祝い会に来てもらった場合でも、高額なお祝いをもらっている際には、新築内祝いとしてお返しをすることがマナーとなる。新築内祝いを贈る場合には、貰った金額の半分から3分の1程度の金額のお返しを贈ることが一般的である。もらった金額より、大幅に安いお返しでは失礼になることもあるため、注意が必要である。また、新築祝をもらってから概ね1カ月程度の間に新築内祝いを贈ることもマナーとしてある。但し、新築祝いにおいては、引っ越しなどで忙しい状況であることも多いため、他のお返しに比べ返す時期を必ず守る必要が無いということもある。新築内祝いでは、引っ越しなどが落ち着いた段階で贈ることが良いとされている。これらを考慮しながら贈ることが、新築内祝いでは重要になる。

失礼のない対応

一軒家

家を新築したらお祝いを頂くことがあります。もしお祝いを頂いたらどのようにすれば失礼にならず、喜んで頂けるでしょうか。新築内祝いは、本来なら頂いた方を家にお招きし、家の内外を見ていただいておもてなしするものでした。しかし遠方にいらっしゃる方からお祝を頂き、お呼びすることができない、引越しの片づけが大変でお招きするどころではない、などで新築内祝いをお送りすることもあります。ただ、郵送でお祝いの品を頂いた場合は、頂いたその日にお礼の連絡をするようにします。相手の方も品が到着しているか心配でしょうし、お礼は早く伝えたほうが気持ちのよいものです。新築内祝いの金額は頂いた金額の3割から半額のものを贈るとよいでしょう。頂いたもの金額がわからない場合や高額のものを頂いた場合は、金額にこだわらず、感謝の気持ちが伝わるものを選ぶようにします。新築内祝いの商品は普段使われるものを贈ると間違いがありません。たとえば誰でも使いやすいようなシンプルな模様のタオルや洗剤などの消耗品のようなものです。好みのものがわからない場合は、ギフトカタログを贈ってお好きなものを選んでもらう方法も人気があります。相手のことを考えてギフトを選びたいですね。また、どうしても品物を送りたいと考えている方は、ネット上の人気ランキングを参考にするのもいいでしょう。実際に新築内祝いとして購入されたものがランクインしているので、そこから送り主に合いそうなものを見つけられます。

相手に応じて選ぶ

着物の女性

新居の完成にあわせてお祝いを頂いた場合、新築内祝いという形でお返しをするのが一般的です。新築内祝いは頂いた品物の半額から三分の二の価格を考慮して購入しましょう。新築内祝いは全ての人に同じ種類の製品を贈っても問題ありませんし、それぞれ異なるものを選んでも可能です。多くの人に贈りやすい新築内祝いといえば、飲食品です。こうしたお返しは相手が既に持っていたとしても問題ありませんので便利です。食品を新築内祝いにする際に注意したいのが相手の好みにあわせることです。納豆や漬物は好き嫌いが人によって分かれますから避けると良いでしょう。また生物は食べるのが遅れた場合に食あたりを起こす可能性がありますから、新築内祝いでは贈りません。便利なのはコーヒーやビンに入っているジュースです。こういった新築内祝いは賞味期限が長いですし、好みにあわなかった場合は他の人にプレゼントしやすいのです。また食べ物であれば調味料や傷まないスイーツを選択すると良いでしょう。食べ物以外で万人にとって贈りやすい新築内祝いといえば、雑貨品です。タオルやハンカチはどのような方でも使用にしますので、使い勝手の良い品物です。タオルを選ぶ場合は男女共に使いやすいカラーや柄を選択すると良いでしょう。もしも相手の生活が見える場合は趣味に寄り添った新築内祝いを購入すると喜んでもらえます。料理好きであればキッチングッズを贈ったり、ガーデニング好きには園芸用品を選択したりします。